THE OPENING EXHIBITION

jose freire

    jose freire

Q1. What is the reason that you decided to
collaborate with gallery koko for their opening exhibition ?


Jun Ishida invited me to participate. Normally we plan things way in advance but
something about her casual (and last minute!) invitation interested me. Sometimes it's
good to break one's habits and think outside the box.

   

Q1. まずは、ギャラリー ここのオープニ ング展で
コラボレーションした理由を教えてください。


ギャラリー ここの共同プロデューサーである石田潤さんに参加の招待 を受けました。通常、私たちは時間をかけて物事を計画するのですが、 彼女のカジュアルな(そして本当にぎりぎりの!)招待に興味を覚えたのです。時に(アート業界の)慣習を破って、(ギャラリーという)箱の外に出てみるのもいいかなと。

Q2. How did you select the artists and artworks for this exhibition ?

If the gallery has a core of artists, who are it's heart and it's center, it is the artists
who are most recognized as the young NewYorkers. Except for David Ratcliff (who is based in Los Angeles, but much better known in New York), they all live and work in
NewYork and carry something of the grit of the city into their practice.
Even Gardar Eide Einarsson, who splits his time between New York,
Oslo and Tokyo, is always readily understood as a New York City artist.
The idea behind the exhibition was to focus attention on the six artists from
my program whose work says NEW YORK the loudest.

    Q2. 展覧会に出品するアーティストと作品はどのように選んだのですか?

私たちのギャラリーのハートであり中心をなす"核"といえるアーティストがいるとすれば、それは今回出品している彼らであり、NYの若者たちに最も認知されている
アーティストでもあります。デイヴィッド・ラトクリフ(LAベースですが、NYでより高い
知名度があります)を除いて、今回参加しているアーティスト全員がNYに住み、この街の気骨ともいうべきものを創作活動に反映しています。NY、オスロー(ノルウェー)、東京の
3都市を行き来しているガーダー・アイダ・アイナーソンでさえ、NYのアーティストとして
認知されています。ギャラリー ここの展示では、私のギャラリーのなかから、24時間
うごめいているNYのざわめきを作品で伝える6名のアーティストに焦点をしぼりました。

Q3. When and how did you start Team gallery ?

My gallery is now an awkward teenager! I opened it fourteen years ago in Chelsea.
We were one of the first galleries to open in that neighborhood.
Four years ago I moved to SoHo which I thought was a more dynamic place from which to move into the future.

    Q3. そもそも、Teamギャラリーはどのようにして始められたのですか?

私のギャラリーは、今や手を焼くティーンネイジャーになってしまいました。14年前にチェルシーにオープンしましたが、当時その界隈に開いた最初のギャラリーのひとつでした。4年前にソーホーに移ったのは、未来に向かって動いているよりダイナミックな場所だと考えたからです。

Q4. What is the concept for Team gallery ?
How do you choose the artist for your gallery ?


At this point, adding artists to the gallery is like adding spices to a meal that you are very slowly preparing. One starts with a basic core of artists -- in my case it was Steven Parrino, Slater Bradley and Banks Violette -- and you radiate outward, adding artists whom you feel will grown and enrich your program.

    Q4. Teamギャラリーのコンセプトは?
ギャラリーで扱うアーティストの基準はありますか?


この点において、ギャラリーに所属するアーティストを増やすのは、じっくりと準備している一皿にスパイスを加える行為に似ていますね。基本的な核となるアーティストから
始めてー私の場合は、スティーヴン・パリーノ、スレイター・ブラッドレーと
バンクス・ヴァイオレットがそうですがー外に向かって拡散していく。プログラムを育てて
豊かにするだろうと感じるアーティストを加えていきながらね。

Q5. Why did you name your gallery as Team gallery ?
Please tell us the meaning and concept behind of the name.


The idea was quite simple: not to use a family name but to use a name
that was more generic. One that would always allow the artists and the program to be first and the dealer secondary. My gallery is quite widely known, as are many of my artists, but the number of people who know that I am the owner and that I make all the curatorial decisions, is much smaller.

    Q5. Teamギャラリーという名前の由来は?
名前に込められたコンセプトを教えてください。


アイデアはとてもシンプルです。特定のファミリーネームではなく、より包括的な
名前を使いました。アーティストやプログラムを前面に出し、ディーラーを
その次にするものです。
私のギャラリーも所属するアーティストの多くも広く知られていますが、私がオーナーであり全ての展覧会キュレーションを決定していることは
あまり知られていませんからね。

Q6. What do you think make Team gallery unique in NY art scene ?


To be fair, I've always insisted on having an international program. I represent artists from Japan, Italy, Norway, Denmark, Germany, France, Austria, Israel, Spain and England, but it is the local artists that are most identified with my program.
Artists like Ryan McGinley and Cory Arcangel, through their work, are bringing new energy to the art world and, therefore, they show the way forward.
By bringing the interests of a younger audience,
these two artists are re-populating the artworld.

    Q6. NYのアートシーンでTeamギャラリーが
ユニークな存在であるのはなぜでしょう?

フェアーに言えば、私は国際的なプログラムを行うことに常に興味を持っています。
日本、イタリア、ノルウェー、デンマーク、ドイツ、フランス、オーストリア、イスラエル、
スペインそしてイギリスと様々な国のアーティストを扱かっていますが、私のプログラムに最も当てはまるのは地元のアーティストです。ライアン・マッギンリーやコーリー・アルカンジェルといったアーティストは、自らの仕事を通してアート界に新たなエネルギーをもたらしています。若いオーディエンスの関心をひくことによって、この二人はアート界を再び生き返らせているのです。

Q7. your message for Japanese audience about this exhibition :

welcome!!

    Q7.ギャラリー ここの展覧会を訪れる皆様へのメッセージを。

ようこそ!

BACK
copyright