THE OPENING EXHIBI

ARTIST INFO


Cory Arcangel(コーリー・アルカンジェル)
1978年ニューヨーク州バッファロー生まれ。初期のコンピューターやコンピュータ ーゲームを用いた作品で知られ、
代表作として、任天堂のスーパーマリオの カート リッジを用い全く別の作品にしてしまった「Super Mario Clouds」など。
デ ジタル・メディアを使ったアーティスト集団/レコードレーベル"BEIGE"のメンバ ーとしても活動している。

Slater Bradley(スレイター・ブラッドレー)
1975年サン・フランシスコ生まれ。現在はニューヨーク在住。ジョイ・ディヴィジ ョンのイアン・カーティス、ニルヴァーナーの
カート・コバーンなどセレブ リティや死へのオブセッションを感じさせる作品を制 作。
現在、NYのホイットニー美術館で、リヴァー・フェニックスの死により 未完となった映画へのオマージュともいえる
ビデオ作品「SLATER BRADLEY AND ED LACHMAN: SHADOW」を展示中(10/28〜2011年1/23)。

Gardar Eide Einarsson(ガーダー・アイダ・アイナーソン)
1976年ノルウェー、オスロ生まれ。現在はニューヨーク、東京を拠点に活動。
現代文化へのシニカルな視点や政治的メッセージを、既存のイメージやロゴ、シンボル、フレーズ、スローガンなどを用い、
絵画やオブジェの形式で グラフィカルにみせる。モノトーンを基調にしたポップかつ洗練された作品には、
エディ・スリマンを始めファッション界にもファンが多い。

Ryan Mcginley(ライアン・マッギンリー)
1977年ニュージャージ州生まれ。98年にニューヨークに移り住むと同時に写 真制作をスタート。
ダウンタウンのキッズたちの日常を撮らえた初写真集『 ザ・キッズ・アー・オーライト』を2002年に発表するや否や注目を集め、
03 年にはホイットニー美術館で最年少のアーティストとして個展を開催。
ファ ッション界からもラブコールが多く、昨年はティルダ・スウィントンを主演にした プロモーション・フィルムをプリングルとともに作成した。

David Ratcliff(デイヴィッド・ラトクリフ)
1970年ロサンゼルス生まれ。現在もロサンゼルスを拠点に活動を続ける。
雑誌やカタログ、インターネット上のイメージを素材に手製のステンシルを作成 し、スプレーでペイントした絵画作品で知られる。
アメリカのマス・カルチャ ーを取り上げながらローテクな手法でコラージュした作品は、カオスと退廃に満ち ている。
今回は新作となるリトグラフを展示。

Banks Violette(バンクス・ヴァイオレット)
1973年ニューヨーク州イタカ生まれ。デス・メタルを始め、若者文化におけ る
暴力や死といったダークな部分にインスピレーションを受け作品を制作。 ゴシックの要素を含みながらも、
完成した彫刻やドローイングは、黒/白を 基調としたミニマルなものに消化され美しい。
2005年にホイットニー美術館 で個展を開催している。今回は新作ドローイングを展示。

BACK
copyright